ISO

環境方針

アムズ株式会社は、地域社会に貢献するアメニティ・ディベロッパーとして、地球環境保全が重要な課題であると認識し、事業活動に伴い発生する環境を汚染する廃棄物の削減など環境改善活動に取組み、『環境に配慮した、又災害に強いより良い企業活動』を目指します。

  1. 事業活動に関連する環境汚染を予防し、環境影響を継続的に改善するため、環境マネジメントシステムを構築します。

  2. 環境方針を実行するため、具体的な環境目標を定め、これを実施し定期的に見直しを行います。

  3. 環境保全に関する法定、規則及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。

  4. 事業活動に伴って使用するエネルギーの効率的利用を図るとともに、事故や災害等の緊急事態に発生する可能性のある廃棄物の発生量を極力低減させる取組みを行う。

  5. 外部・内部のコミュニケーションを確立し実施し、維持する。

  6. 地域の環境保全活動に積極的に参画します。

この環境方針は関係者全員に周知すると共に一般の人が入手できるようにします。

2021年9月20日
アムズ株式会社
EMSトップマネジメント
谷口 吏
 

著しい環境側面

[通常時]

  • 事務所の廃棄物の排出(本社)
  • 産業廃棄物の保管と処分(本社)
  • 事務所の電気の使用(本社)
  • 事務所のエアコンの使用(本社)
  • 車両用燃料の使用(本社)
  • 工事施工時の廃棄物の搬出(設備工事)

[緊急時]

  • 社有車の事故削減(本社)
  • 災害被害の削減(本社)
  • 重機横転による油漏れの対策(設備工事部)

[有益な環境貢献]

  • 本社周辺清掃(本社)
  • 森づくり推進運動への参加(本社)
  • 外部エコ活動への参加(本社)
     

環境目的・目標

環境方針 環境目的 63期環境目標
2021.9.21~2022.9.20
環境影響の継続的な改善 環境側面の見直し
SDGs等の取組み
環境側面・環境影響評価表の見直し
SDGsの検討:管理部
環境法、規則及び当社が同意するその他の要求事項の順守 環境法規制に対する意識の向上 環境法規制等の教育実施
法規制の順守
毒物及び劇物の取り扱い・保管・管理の確認:設備工事部・本社営業部
産業廃棄物を適切に処分する:設備工事部(現場)
事故や災害等の緊急事態に発生する可能性のある廃棄物の発生量を極力低減させる 交通事故発生件数0を目指す 交通ルールの順守
社内交通事故発生情報の共有化(メール)
交通安全教育の実施
安全運転サポート車輌の導入
緊急事態発生時の適切な対応能力の向上 緊急事態の特定
及びテストによる確認
避難訓練の実施
防災意識の向上
社内教育
内部・外部のコミュニケーションを確立し実施し、維持する 内部・外部のコミュニケーションを確立し実施し、維持する 本社安全パトロールの実施:設備工事部
省エネタイプの商品の提案:本社営業部
金沢エコ推進事業者ネットワークへの参加
地域の環境保全活動に積極的に参画する 地域環境保全活動への積極的参画 森づくり推進運動への積極的参加
本社周辺清掃

 

登録番号など

ISO9001:2015

登録範囲:空調、給排水衛生設備の設計・施工
登録番号:N°CN/3496(JP)
初回登録日:2002年11月1日

ISO14001:2015

登録範囲:空調、給排水衛生設備の施工・点検及び水処理装置の施工
登録番号:05893-01
初回登録日:2009年6月2日

 

企業情報

ダウンロード
営業所を探す
事例集
CONTACT

製品サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ダウンロード営業所を探す事例を探すお問い合わせページトップへ